身体と心と自律神経


こんばんは^^ トレーナーのShokoです!!

じめじめ梅雨の季節がやってまいりました。気持ちも鬱々としがちですね・・・

そんな精神と深く関係している、自律神経について少しお話しします。

 

まず自律神経は

「交感神経」と「副交感神経」の二つに分かれており、それぞれ昼間の行動と夜間の休息をコントロールする働きを担っています。

そして脈拍や血圧、発汗、消化運動などを調節もしています。

 

昼間や興奮時、緊張している状態では「交感神経」が優位に働くのに対して、

夜間や抑制時、リラックス出来ている際は「副交感神経」が優位に働きます。

この「交感神経」と「副交感神経」がバランス良く作用すると、人は健康でいることが出来ます。状況に応じて、二つの神経が無意識下で必要な機能を発揮しているのです。

 

しかし、時にそのバランスを崩してしまうことがあります。

崩れる原因としては、

・ストレス

・生活習慣の乱れ

・ホルモン分泌の影響 がよくあげられます。

 

自律神経のバランスが崩れると、心身に様々な影響を及ぼします。

 

不眠症、口が渇く、動悸・不整脈、下痢や便秘、頻尿、多汗症、頭痛、肩こり、手足の冷え、疲れ、微熱、食欲不振、耳鳴り、憂鬱・・・等々。

 

 

もちろんこの症状が全て自律神経の乱れからくるものではないですが、現代人には多く当てはまるのではないでしょうか。

私自身も、不摂生をしているとすぐにこのような状態になります。

 

コントロールする方法としては

・体内時計を狂わせない→休日も長くベッドの中にいない

・湯船に浸かる→シャワーだけで済ませない

・運動不足→自分のペースで 軽く体を動かしたり、ストレッチをする

 

 

ストレスにならない程度に少しずつ実行すると、自律神経が整ってきて日々の生活・身体が楽になりますよ~^^

楽しいイベントが盛りだくさんの夏までを乗り切りましょう!!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お知らせ・ブログのトップに戻る