ビタミンについて


こんにちは♪ 管理栄養士の伊田です!

 

本日は食事シリーズ;ビタミンについてです(#^^#)

 

ビタミン...なんとなく耳にしたことはあるけど、なんだろ?って感じかもしれません(笑)

 

ビタミンとは、身体のエネルギー源や体を作るわけではありませんが、健康に生きていくために欠かせない栄養素です。

 

ビタミンの「ビタ」(VITA)は、「生命」や「活力」を意味し、生命に不可欠な物質という意味をこめて名づけられています。まさに、三大栄養素である糖質、脂肪、たんぱく質などと同じぐらい人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養素の一つなのです。

 

体の中でビタミンは三大栄養素の代謝を助ける働きをしており、ミネラルと並んで微量栄養素といわれます。

 

糖質・脂肪・たんぱく質のようにエネルギーになるもので、ビタミンがないと体という“機械”がスムーズに働かない、いわば“潤滑油”のような働きをビタミンはしているのです(。◕ˇдˇ​◕。)

 

微量と言ってもわずかに感じるかもしれませんが、その微量でも過剰摂取したり、不足したりすると病気(脚気や食欲不振、乾燥、口内炎、肌荒れなど)にも関わってきます。

 

ビタミンは正式に認められているものでは13種類あり、水に溶けやすい性質をもつ“水溶性ビタミン”と油などに溶けやすい“脂溶性ビタミン”があります。

 

『水溶性ビタミン』

・ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)

・ビタミンC

 

『脂溶性ビタミン』

・ビタミンA、D、E、K

 

 

ビタミンも種類がとても豊富でそれぞれに効果効能がありますので、少しずつご紹介していければと思います(´▽`*)

 

 

福岡のパーソナルボディメイクスタジオ「Make InBody」でのダイエットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お知らせ・ブログのトップに戻る