いい汗をかこう!! 

トレーナーの日高です(#^.^#)

 

夏が到来し、汗をかく季節になりましたね!

 

汗には体温が上がったときに、汗として水分を身体から放散させることで体温を下げ、調整してくれる役割があります。

 

常にエアコンで温度管理がされた環境下に身をおく機会が多い現代では汗腺が減少し、汗をかきにくい人が増えていると言われています( ノД`)

 

そして、汗が出ない(かきにくい)生活をしていると、汗腺の機能が衰えて必要なミネラルが血液中に再吸収されず、たまに出る汗と一緒に大切な成分まで排出されてしまう現象を起こしてしまいます(>_<)

 

この汗の出る「汗腺」もトレーニングが必要なんです!

 

「いい汗」とは

 

● 水のようにサラッとしている
●汗の粒が小さい
●ニオイがない

 

という特徴があります。

 

本来「いい汗」は、発汗することで体の熱を汗の蒸発とともに放出し、体温を上手にコントロールしてくれます♪

 

逆に「悪い汗」とは

 

●ベトベトしていて、蒸発しにくい
●汗の粒が大きくダラダラかく
●ニオイがあり、塩分が含まれるためしょっぱく熱中症になりやすい

 

衰えた汗腺から出る「悪い汗」には、老廃物としてアンモニアや尿素が混じり、皮膚の細菌によって分解されることで、いやなニオイの原因になります( ゚Д゚)

 

さらに汗腺が衰えている人は、暑い状況下でも汗が出にくくいことで体内に熱がこもり、熱中症を発症する可能性が高くなります。

 

「いい汗」をかくためのトレーニング方法として

 

●お風呂につかる
(シャワーだけではNG。浴槽につかりましょう)

ジワっと汗をかくくらいの時間、浴槽の湯に浸かるようにすることが汗腺のトレーニングになります!

 

温浴効果によって手や足先などの末梢神経が拡張して血行が促されたり、筋肉や関節が柔軟になったりすることで、身体の疲れをとる効果もあります。

 

さらに入浴後もすぐにエアコンにあたることは避け、ジワジワ汗をかくことが大事です♪

 

 

●体を温める食材を摂る

比較的一年中手に入れやすい「生姜」がおすすめです♪

生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれており、体内の熱を取り除いて身体の表面を温めてくれる効果があります。

 

一方で、熱を加えられた生姜はジンゲロールがショウガオールという成分に変わります。ショウガオールには血流を高めて、体を芯から温めてくれる効果があります。

生姜の調理は熱を加えた方法をオススメします!

 

特に生姜の佃煮は絶品で夏にはもってこいです!!

 

ただし胃腸への刺激が強いため食べ過ぎには注意しましょう。

 

また、水分補給時もとても大事です!

私は家では目に見える場所に常に水分を置いて一日のノルマとしてしっかり摂るようにしております♪

 

●運動をする

ウォーキングや筋トレは筋肉を温め体温を上げる効果があります!

 

体脂肪が多くなると脂肪が身体から熱を逃しにくくなるため、悪い汗のかき方をしてしまいます(>_<)

 

ボディデザインはもちろん、健康のためにも夏は絶好のボディメイクの季節です♪

 

私達と暑い夏、熱いトレーニングをしましょう!!

福岡のパーソナルボディメイクスタジオ「Make InBody」でのダイエットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お知らせ・ブログのトップに戻る