身体が変わる喜び、
人生が変わっていく瞬間を
私も一緒に共感したい

Make InBody

trainer

目標を持ちその目標を共有することで、
一人では辿りつくことができないゴールへ向かうことができる

スポーツクラブ時代に数多くのお客様を指導してきた田邉俊哉。
その時代に「一人のお客様に寄り添うことができなかった」という悔しい思いを経験し、
常にお客様の為にベストを尽くし、その方にとってオンリーワンでありたいと願う田邉にパーソナルトレーナーの役割について伺った。

一人ひとりに親身に寄り添う事ができる。それがパーソナルトレーナー

私は中学校の時から現在に至るまでバスケットボールを続けています。もともとトレーニングは、バスケットの競技スキルを高める為に行ってきました。その中でボディメイクの楽しさと、それと同時に身体作りの重要性に気付きました。それから、身体作りに携わる仕事がしたいという思いでスポーツクラブに入社いたしました。
そこでの経験が更なるボディメイクへの探求と、現在の「Make InBody」へと繋がっていきます。スポーツクラブで働いていく中で感じた事は、私が想像している以上に、身体にコンプレックスを抱えていたり、健康面で生活に支障をきたしてしまっている方が多くいるという事です。しかし、スポーツクラブのシステム上、一人ひとりのお客様に寄り添う事ができませんでした。

「お客様にとってベストな事はなんなのか。」
「わたしがお客様の為にもっと出来る事はないのか。」

という、もどかしさだけが残っていました。
そんな想いを抱えてる中、行き着いたのがパーソナルトレーナーです。パーソナルトレーナーになる事で、もっと一人一人に寄り添い、親身にお悩みに向き合う事ができる。そして、お客様の人生を変える手助けが全力でできる。そんな中で、わたしの長年の運動・トレーニング経験を活かし、より高いレベルでお客様にボディメイクを提供できると感じたのがここ「Make InBody」でした。

目標を持つことの大切さ

ダイエットは、激しいトレーニングと食事も我慢しなくてはいけない辛いものと思っている人が多くいます。確かに、食事のコントロールや筋力トレーニングはダイエットにとって必要不可欠です。しかし、それ以上に必要なものがあると私は考えています。それは「目標」です。
去年(2018年)、私はボディメイクのコンテストに初めて出場しました。私の目標は、コンテストまでの3ヶ月で10キロ以上減量し、体脂肪率を4%にする事でした。恐らく、コンテストなどに出場しない人からするとあり得ない数字で、きつく辛いイメージしかないと思います。しかし、日々体重が減り自分の理想とする身体に近づいてくると、不思議と更に欲が出てきます。その日々の身体の変化がいつの間にか「楽しい」になっているのです。私がこの減量を楽しめたのは「目標」というゴールがあったからです。
無事に目標を達成した私はコンテストで入賞することができました。私の例は極端ではありますが、「目標」を持てるという点に関しては、お客様も同じだと思います。私のパーソナルトレーナーとしてのミッションは、お客様一人ひとりの目標を明確にし、ゴールに走っていく楽しさをお伝えすることです。ゴールに辿り着いた時の喜びと感動をぜひ一緒に体現しましょう。
この経験は何事にも変えられない自信になることをお約束します。

正しい知識と確かな技術で本物のボディメイクを

近年、トレーニングブームと健康志向が高まり急速にパーソナルジムの店舗が大手企業・個人問わず増えています。食事制限やトレーニングの情報も多数混在し、店舗によって推奨している方法もバラバラです。情報が多すぎて何をしていいのか、どこに通えばいいのか分からないと混乱して悩んでる方も少なくないと思います。そんなお悩みを持たれている方に私達は正しい知識と確かな技術で理想の身体、スタイルへと導いて行きます。
一人ひとりの要望に合わせたトレーニング、そしてストレッチケア。管理栄養士による栄養バランスを考えた健康的に美しく痩せる食事指導。トレーニング・フードコントロールでは落とせない「セルライト」をエステティシャンの技術で取り除いていきます。チーム一丸となって全力でサポートさせていただきますので、勇気を持って一歩前に踏み出してみませんか?そして、Make InBodyで本物のボディメイクをぜひ実感されて下さい。

田邉 俊哉Tanabe Toshiya

好きな映画:アメコミ映画、ヒューマンドラマ
好きな漫画:BECK・刃牙・スラムダンク
好きな言葉:足踏みしてても、靴の底は減るぜ by高橋歩
好きな食べ物:カレー
好きなスポーツ:バスケットボール