NASSE × Make InBodyコラボレーション企画

モニター開始から1カ月経過

平野 絢香(24)
1カ月後
■肥満指数 ■部位別体脂肪量

モニター開始から1カ月が経過し上記のような数値的な結果も出た。
モニターをスタートして1カ月超経過し、すっかり慣れてきた様子の平野さんにお話を聞いた。

周りの人にちょっと痩せたよね等と言われるようになってきましたと語る平野さん。
一番は顔がすっきりしたかなと思います。
洋服も今まではちょっとやめとこうと思ってた服が着れるようになってきました。

トレーニング、担当トレーナーさんの指導について聞いてみた。

初日だけは筋肉痛で大変でしたが(笑)それ以降は動かした部位が軽く筋肉痛になるぐらいですと笑顔で語る。

xxxxxスクワットでは最初、自体重だけで重りを持つこともなかったんですが、今では50kgとか持ってできるようになったんで、ちゃんとついてきてるのかなと感じます。
トレーニングは90分ですけど、合間に休憩もあります。

プログラムも毎回違って、大きい筋肉を使う日もあれば、小さな筋肉を使う日もあって、いろいろ変えてくれます。

担当トレーナー高橋さんについて聞いてみると。

指導もわかり易いし、いろいろプライベートな話もできるので楽しいですよ、何したいとか何食べたいとか、恋愛や仕事の話もできますし、1人の方が専属で担当してくれるので、何でも話せるというか(笑)

どうしても元気が出ない時は、ヨガを取り入れたストレッチをしてくれたり、これからのダイエットプランのお話をしてくれたり、厳しいのかな?と思ってたけど、きついですよねと優しく接してくれるので私の性格にはあってますね(笑)

痩身エステはどうですか?

xxxxx器械をあててもらったり、手でほぐしていただいたりしています。
最初はやめてーという感じで痛みもあったんですが、今ではうとうとするぐらいリラックスできています(笑)

効果が出てきてるんでしょうね、お腹周りのお肉が柔らかくなってきたのを感じます。
そのせいか痛みもなくなりましたね。

食事指導については?

あまり空腹の時間を作らないようにと言われてるので食べれないで空腹って感じじゃないですね、今までカロリーしか気にしてなかったけど今は内容を気にしています、カロリーじゃなく糖質、脂質、タンパク質等の中身ですね。

変に糖質だけの物とかを食べないようになりましたね。
甘い物の代わりにプロテインバーをたべてます(笑)

担当トレーナーの高橋さんや、食事を見ていただく栄養士さんにいろいろ相談してアドバイスもらってます。
いまだに試行錯誤しているところではあるけど、管理栄養士さんに他の方はこんな感じで体重が減っていった等の話をしてもらって参考にしています。

目標に向けてあと2カ月、これからの抱負を聞いてみた。

担当の皆さんも声かけてくれるので一人でやってる気はしないです、すごく励みになります。
一人の方に話した事もスタッフさんで共有していただいているので助かります。
体重が思ったほど落ちてないけど、担当の高橋さんを信じてがんばっていきますと力強く話してくれた。

トレーニング 担当トレーナー 高橋 千穂実

開始から1カ月が経過し、平野さんの結果を数値で見ると体重-3.2kg、体脂肪-3.2%となっており確実に痩せてきているのがわかる。

しかし、平野さんの目標数値である体重-10kgまではまだだいぶありますが?と担当トレーナーであり、平野さんのプロジェクトリーダーでもある高橋さんにぶつけてみると。

「いたって順調、何も問題ありませんよ。スタートして1カ月はボディメイクの基礎作りです。」とにっこり。

「どうしてもリバウンドを繰り返してしまう自己流ダイエットと、うちのボディメイクとは全く違うんですよ」と高橋トレーナーは言う。

この1カ月のトレーニングの様子と変化した事、それらを聞いてみた。

トレーニングスタート時にたてたプログラム通りかといったら、そうでもない事もありました。

私は「楽をして美しくはなれない!!」と思っています。

もちろんお客様は70代の方など高齢でがんばられてる方もたくさんいらしゃいますので、全く運動からとおざかってらっしゃる方でも何の問題もないのですが、最初の内はさほどハードではないトレーニングでもきつく感じますし、始めてからの1カ月は身体というか、トレーニングするという新しい習慣に慣れるのがきついというのもあります。

今日は気分が乗らないという日も出てきます。

そういう時は急遽、想定していた運動とは違うトレーニングを行います。
全く別メニューを組み、心も浄化できるように努めています。

ダイエットするにあたって一番大事なものはやる本人のメンタルだと思っています。

頑張ってる時のきつさはよくわかりますし、日常お仕事だったり、プライベートだったり誰だって毎日それぞれの生活があります。
どうしてもやりたくなかったりという日があるんです。

これは会員様あるあるなんですが、トレーニングを始める前と、終わってからは別人の様です。

コースによって違いますが60分だったり、90分だったり自分に負けずに、しっかりがんばった達成感、充実感で表情が全く変わられます。
ちなみに私もトレーニング前と後では同じ様に表情も気持ちもがらっと変わっちゃいます、と高橋トレーナーは語る。
プログラムメニューも毎回同じ運動ではなく、いろいろな形でアプローチして飽きないように、楽しくトレーニングできるように心がけています。

スタートして1カ月、平野さん自身は、思う様に体重が落ちなかったというのもあられると思いますが、担当トレーナーの私の中ではすごく順調に来ています。

3カ月でリバウンドしない一生ものの身体を手に入れていただきたいと考えていますので、あせらなくて大丈夫です。
私を信じて一緒に頑張りましょうとお話しさせていただいています。

これからは、平野さんが一番気にされていた上半身を引き締めていくトレーニングを徐々に増やしていくプログラムを考えています。

全身の大きな筋肉を鍛えて代謝を上げていった、トレーニングに慣れてこられた今この段階から上半身の細かい所までアプローチして引き締めにかかるというイメージですね。

平野さんと一緒にがんばっていきます!!と力強く答えてくれた。

痩身エステ 担当エステティシャン 小副川 智子

スタートから1カ月でお腹周りから約2kgの脂肪を落とす事ができたということを考えて、背中、二の腕にもアプローチ範囲を広げることに決まった。

もちろんまだこの段階では一番のポイントはお腹周りから変える事はありません。
痩身エステを受けられた方ならおわかりになるのですが、最初ちょっと痛がられる方が大半です。

もちろん耐えられない痛さとかではないのですが平野さんもインタビューでおっしゃっていましたが、最初は痛がられましたが施術を重ねる毎にリラックスして受けていただけるようになりました。

お腹周りの脂肪の硬さは始めた頃と比較したら別人の様に柔らかくなってきました。
リーダーの高橋と決めている数値がありますので、それまではお腹周りに比重を置き施術していきます、と小副川は語ってくれた。

フードコントロール 担当管理栄養士 宮崎 遥

プログラムがスタートして1カ月、平野さんの今までの食生活の問題点も把握する事ができました。

例を挙げると、ランチはカレーやグラタン、ドリア等をファミレスでというのが定番だったり、一日三食という食生活のリズムができていなくて、食事の代わりにお菓子類を食べられる事も多かったようです。

プログラム開始当初もどうしてもお菓子を我慢できずにポップコーン等を食べられていました。
たまにのご褒美としてではなく、お菓子を満足いくまで食べる事が毎日の日課になる・・これは良くない習慣ですよね。

その他にも問題点は見えてきました、ここを変えていかないと平野さんのお身体は変わるわけはありません。

平野さん自身、今までも食べる物のカロリーの数値は気にされていたようなのですが、そのカロリーの中身には無頓着だったようです。

専門的で難しい話ばかりをしても頭に入っていきませんし、一番はそれが当たり前になり自然にできている事だと思います。

たんぱく質、脂質、糖質と一日の目標数値もお伝えしています。

まずは日々の食事指導のメールで、自分が食べた一日の食事の数値を見ていただき、こういう食事だったら数字的にこんなかんじなんだ、具体的なアドバイスを見て、こう変えたらこんなに数字が違うんだというのを繰り返していく、そうなんです、これでいいんです。

難しく考える前に、まずは自分の食生活の悪い所を具体的な数字をみながら感覚としてつかんでいただけたら、そのうちに自然にバランスのとれた食事ができるようになっているんです。

毎日のお菓子をプロテインバーやヨーグルトに代えたり、外食時に今まではこれを食べてたけど満足度も味もそう変わらないこれにしよう!こういう事が自然に身について行きます。

プログラムが終わってもずっと続く毎日の食事の知識を自然に身に着けていただいて、リバウンドしない身体を手にしていただく事、これが我々フードアドバイザーの仕事です。

残り2カ月、少しでもわかり易く具体的に、そして自然に食の極意を身に着けていただけるようにアドバイスさせていただきます。