トレーニングスピードの大切さ(^O^)

トレーナーの日高です♪

 

会員様からの質問で、

 

「何故、トレーニングで重りはゆっくりとおろすんですか?」

 

という質問をいただきましたので、お話していきたいと思います!

 

まず、筋肉の収縮には3種類の様式があります。

 

・コンセントリック収縮(短縮性筋収縮)
筋肉が縮みながら収縮し、力を発揮している状態

 

・エキセントリック収縮(伸張性筋収縮)
筋肉が伸びながら収縮し、力を発揮している状態

 

・アイソメトリック収縮(等尺性筋収縮)
筋肉の長さに変化がない状態で収縮し、力を発揮している状態

 

 

この中でエキセントリック収縮は筋肥大に大きく貢献してくれます!

 

トレーニングの動作において、常に同じ速度を保つことが大事になってきますので、速すぎたり必要以上にゆっくりおろす必要もありませんが、一般的には3~5秒で重りをおろして2秒で上げるが目安と言われています。

 

胸と太ももの裏側の種目で例を挙げていきましょう!

 

【大胸筋 ダンベルプレス】

ダンベルをゆっくりとおろすことで、胸への刺激が高まります。

 

【太ももの裏側 デッドリフト】

バーをゆっくりとスネのあたりまでおろすことで、太ももの裏側に刺激をたくさん入れることができます!

トレーニングスピードは勿論のこと、鍛える箇所を意識して負荷をかけることがトレーニングでは重要です(^^♪

 

ぜひ、皆様もトレーニングを行う際はスピードも意識してトレーニングされてください!

 

福岡天神のパーソナルボディメイクスタジオ「Make InBody」でのダイエットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お知らせ・ブログのトップに戻る