食事誘発性熱産生ってなに? 

管理栄養士の志佐です☆彡

 

 

皆さんは「食事誘発性熱産生」という言葉をご存知でしょうか?

 

 

私たちは食事をする際にもエネルギーが消費されており、この代謝のことを食事誘発性熱産生といいます。

 

 

皆さんは食事をした際に身体がポカポカすると感じたことはありませんか?(^-^)

 

 

食事をすることによって消化・吸収されるのですが、その過程でエネルギーが必要になり、熱が生まれて代謝があがります♪

 

ちなみに100kcalの食べ物を摂取した時の熱産生は

 

タンパク質 30kcal

糖質 6kcal

脂質 4kcal

 

 

となり、同じカロリーの食事を摂るなら、タンパク質の割合の高い方が代謝量が増えるので、食べるだけで効率よくエネルギーを消費出来ます(^_-)-☆

 

 

食べなければ痩せると思われがちですが、食事を抜くことは太りやすく痩せにくい身体に近付いてしまいます(ノД`)・゜・。

 

 

しっかり食べて適量タンパク質を摂ることで、代謝が上がり痩せやすい身体を作ることができます!!

 

皆さんもしっかり食べて理想の身体を目指しましょう(^O^)/

 

福岡のパーソナルボディメイクスタジオ「Make InBody」でのダイエットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お知らせ・ブログのトップに戻る