トレーニングで運動機能を向上させる


トレーナーの田邉です(*^▽^*)

 

新型コロナウイルスによって自粛が増え、予断が許されない状況が続いていますが、皆さまどうお過ごしでしょうか?

 

大変な状況ではありますが、普段の生活がいかに幸せだったのか痛感する方も多いかと思います

 

私もその1人です(^^)

 

さて今日は、トレーニングで動ける身体を作ろうという話です。

 

私は幼少期から体を動かす事が好きで今でもバスケットを続けています。(現在は体育館が使えないので自粛中)

その為、「運動機能を上げる」トレーニングを多く行ってきました。

 

この「運動機能を上げる」という事が「体」にとって「人生」にとっても大事なのです!

 

話は少し変わりますが、皆さま「健康寿命」というのをご存知でしょうか?

 

「健康寿命」とは、誰の助けも必要とせず、健康的に自立した生活ができる期間を指します。

 

実は、日本人はこの健康寿命と平均寿命の差が10年以上あり、約10年間は寝たきりだったり、誰かの介護を必要とする状態だと言います。

 

寝たきりになる人の大半は躓いた拍子に骨折してしまい長い、入院生活を強いられたり、運動不足による生活習慣病などが原因の一つと言えるでしょう。

 

全てが当てはまる訳ではないですが、運動しない事で肥満になって骨が弱り、免疫が下がる事で病気になりやすくなります。

 

さらに筋力も年齢と共に低下し、自分が思っている以上に膝が上がらないことで躓いてしまうのです

 

この「健康寿命を上げる」事ができるのがトレーニングによる運動機能の向上です。

 

バスケットでは、ジャンプトレーニングをする事で高くジャンプする事ができるようになります。それと同じ様に、足のトレーニングをする事で高く膝が上がるようになり、躓きにくくなります。

 

さらに、トレーニングを行う事で代謝が良くなり、脂肪燃焼が促進し肥満解消や骨にある程度の負荷がかかることで骨強度も高まります。

 

心拍数も上がるので心肺機能も向上し「動ける身体」になっていくわけです。

 

トレーニングと聞くと「筋肉隆々」だったり、「ゴリゴリマッチョ」というイメージがあるかもしれません。

決して代表の石丸の事を言ってる訳ではありません(笑)

 

しかし、トレーニングはただ筋肉を大きくするだけではなく、機能性を高めたり、体力を付けたりする効果もあるというのを覚えておきましょう!

 

何も無い所でよく躓く方や健康的に過ごしたい方、是非「Make InBody」で「動ける身体」を手に入れましょう(^_-)-

福岡のパーソナルボディメイクスタジオ「Make InBody」でのダイエットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お知らせ・ブログのトップに戻る