睡眠の質を上げる!就寝前のストレッチ

トレーナーの日高です!(^^)!

 

この時期はお仕事が忙しくなったり、梅雨時期で湿度が高く体調を崩しやすい季節です(´;ω;`)

疲れが溜まりやすいこの時期は就寝前のストレッチでコンディションを整えてみましょう!

 

ストレッチには自律神経を整え、睡眠の質を上げる効果が期待できます。

 

自律神経には「緊張させる神経」といわれる交感神経と「リラックスの神経」といわれる副交感神経がありますが、日常的にストレス過多で絶えず緊張を強いられている人は、交感神経が優位になりがちです。

 

すると、神経は高ぶり、興奮状態になります。

 

しかし、ぐっすり眠るためには副交感神経を優位にし、交感神経の働きを抑えていく必要があります。

 

交感神経が優位になると、筋肉に力が入りやすくなり緊張状態になります。逆に副交感神経が優位になると、筋肉は緩みリラックスします。

 

そのため、ストレッチで筋肉を緩め副交感神経を働かせましょう!

 

特に立ったり座ったり、あるいは歩いたりと普段からよく使う脚周りのストレッチをご紹介します✨

 

【太もも前の筋肉のストレッチ】

【腰からお尻にかけてのストレッチ】

【内もものストレッチ】

脚周りのストレッチに限らずですが、ストレッチを行うことで睡眠の質を高めるだけでなく血流が良くなり、むくみの改善などメリットがたくさんあります。

 

私自身もあれこれたくさんストレッチを行うのは面倒だと思うこともありますが、事前に寝る準備を整え、ストレッチしている最中に寝落ちすることもしばしばあります(笑)

 

就寝前に少しだけ時間を作っていただき、是非皆さまも実践してみてください!

福岡天神のパーソナルボディメイクスタジオ「Make InBody」でのダイエットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お知らせ・ブログのトップに戻る